北のシュガポン

北海道大学の工学部生。電気・情報・ロボット・エネルギー専攻。 札幌で一人暮らし満喫中。 お菓子作り、プログラミング、機械学習と色々なことに手を出している暇人。

北大生がつぶやく大学生活や勉強や趣味のブログ。昼頃更新。

関東の一泊二日~JR北海道を心配する旅~

こんにちは。シュガポンです。

 

二日間、所用ありまして東京に行ってきました!

しかし道中、めったに経験しないようなことをいくつか経験しました。いろいろすごい二日間だった。

ということで、ここにまとめておきたいと思います。

 

 

 

 

列車に閉じ込められる事件

12:00ごろ、札幌から新千歳空港に向かいまして。列車でね。行こうと思ったんです。

千歳線という路線の列車に乗り、快速で新千歳空港まで行こうとしたんです。

 

そしたら、ひと駅過ぎた辺りで列車が急にストップしまして。 

その中に40分ほど閉じ込められちゃいまして。旅行における人生初の事件その1です。

めっちゃ混んでた+立ちだったので辛かった。二度と御免な体験。

 

そして衝撃のアナウンス。

「ただいま、強風のため、列車用の信号機が根元から折れたため、千歳線、運行することができません。今から直近の駅まで戻りますので~」。

 

 

信号機、折れる。

 

 

いや、実際強風でした。若干吹雪染みた天気だったので。

でもね、まさか信号機が折れるとは。誰が予想したでしょうか。

 

隣にいた韓国?の方が困惑して私に「何が起きたんですか?」とスマホで聞いてきまして。車内アナウンスが日本語だったので状況が分かんなかったみたいで。

英語で説明したところ、

「おぉ~・・・」

みたいな反応をしていました。そりゃそうよ。

 

 

人生初の長距離タクシー

さて、直近の駅に戻りまして。

今回東京には、お世話になっている奨学金財団から呼ばれて行くことになっていまして、どうしても飛行機は逃せませんでした。しかも、AIRDOの早割だったので予約変更が利くかも不明。

出発が15:00、現在時刻13:20。

 

正直、めちゃめちゃ焦りました。

「え、こっからどうしよう」 

「ここからだとバスもないし、札幌まで戻ってたら絶対間に合わないし、てか列車止まってるし」

 

そんな状況の中、同じく奨学金を貰っている知り合いがタクシー相乗りで新千歳空港に向かったとの情報が。

「これだ!」と思い立ち、さっそく相乗りを実行することにしました。

 

しかしね、中々人が集まらず。

すでに相乗りの相手が決まっていたり、社会人の方だと会社との兼ね合いでタクシーに乗れるかもわからないと言われたり。

まあ、お互いに得がなければいけないのでね。とはいえ段々ナーバスになってしまいまして。強風と寒空という天候も相まって、非常に惨めな気持ちでした。

 

そんな中、渡りに船が。

サラリーマンと思わしき大柄な男性が「新千歳空港まで、タクシー相乗りする方居ませんか!」と。

もうね、めっちゃ助かりました。思わず挙手してしまうくらい。

今思うとくっそ恥ずかしい。

 

結構タクシー待ちの人が減ってきていたので、競合も特に起きず、無事にタクシーに乗ることができました。

その男性の方には大感謝です。

 

そしてタクシーで新千歳空港へ。

平和駅(札幌郊外あたりの駅)から新千歳空港ターミナルまで、実に40分。高速道路にも乗っていたので、かなりの長旅になりました。

メーターが10,000円回っているのを私は初めて見ました。相乗りがサラリーマンの方に加え、バックパッカー風の方、私の3人だったので、割り勘して約3,000円(端数はサラリーマンの方が払ってくださったみたいです。恩人です。名前伺っておけばよかった・・・)。

 

ということで、人生初の長距離タクシーでした。

札幌からここまで実に2時間30分。すでに疲弊しきっています。

 

 

財団の方とお会いした後、友人宅へ

飛行機は実に順調な運行でした。安心感ある。

ほぼ定刻通りに羽田空港に到着し、先の知り合いと共に会場へ。

 

用件自体は滞りなく進みまして、財団の方や他の奨学生の方にあいさつをしてから会場を後にしました。

 

実はその後、埼玉に進学した高校の同期と会う約束をしていまして。 

列車を乗り継いで北越谷までガタンゴトンと。あ、関東圏では特に交通トラブルはありませんでした。都会は違うな!

 

友人と会うのは実に1年ぶり。話も弾み、その夜は友人宅にお泊りでした。

まあ、その時もちょっとだけ色々あったんですが、書くと怒られそうなので割愛させていただきます。

 

 

2日目は本の虫

朝7:30ごろに起床しまして。

土曜日にも拘わらず友人は講義があるとのことで、名残惜しみながら別れました。ありがとう。

その友人は教員を目指していまして、その日の講義は体育の実践授業みたいな感じだったらしいですが・・・大丈夫だったんでしょうか。本人曰く、「土曜の朝にやる講義じゃない」とのこと。朝から激しい運動を強いられる友人。合掌。

 

さて、北越谷の駅へ戻りまして。

駅の近くに本屋があったので寄りますと、面白い本がたくさん見つかっちゃいました。

旅行に来るとつい本屋に寄っちゃう癖がありまして、毎回2~3冊は買ってしまいます。まあ、飛行機の中での暇つぶしっていうのもあるんですが。

その時も3冊ほど購入しました。ひょっとしたらブログで取り上げるかも。

 

んで、飛行機が15:00に羽田空港発で、北越谷を発ったのが10:00頃。

移動が約1時間半かかり、遅くとも1時間前には空港についていたいので・・・

残り2時間30分。この超微妙な時間をいかに潰すかがその時の重要課題でした。

 

結果、選択したのは秋葉原。

東京には何度か来ているんですが、秋葉原には行ったことが無かったんです。有名だし、アクセスも良かったので寄ってみようかな~って感じで行きました。

 

結論から申し上げますと、時間が足りませんでした。だって、昼ご飯で30分使ったら後2時間だし。移動を考えると駅から離れられないし。

駅周辺しか探索できず、初秋葉原は消化不良で終わりました。求むリベンジ。

 

あ、でも駅前のヨドバシカメラは超デカかったです。さすが電気街。

あと、どっかのモニターに某バーチャルYoutuberの方が映っていました。最近の勢いはすごいですね。

On_Tokyo-metro

東京メトロの車窓から

余談ですが、今回の旅行でカメラが欲しくなりました。

ホントは一眼レフ、欲しいけどね。高いから。

デジカメでもいいから持ち歩きたい。


てな感じで、結局ちょっと早めに羽田空港につきまして、ずっと本読んでました。あとお土産買ったり。

元々持っていた本を含め、1日で3冊読破した自分を褒めたいと思います。

 

 

飛行機は遅れ、列車は止まる

交通トラブルその2。

まあ、飛行機が遅れるのは別に珍しくないですし。15分程度だったのでいいんです。

問題は列車の方。まさか2日連続で引っかかるとは・・・。

 

事の顛末を説明すると。

実はその日、北海道に帰ってから知り合いの演劇を見に行く約束をしていまして(今思うと強行軍染みたスケジュールでしたが)。新千歳空港から列車で札幌まで行き、そこから地下鉄で劇場まで足を運ぶ予定でした。

 

事件は列車で新札幌に到着した時に発生しました。

車内アナウンスで、「苗穂駅(注:札幌直近の駅。)にて緊急停止ボタンが押されました。ただいま状況を確認中ですので、発車まで今しばらくお待ちください」と。

「そんなこともあるんだな~」と思いつつ、まあちょっとくらいなら遅れても大丈夫かな?という感じで待っていました。

 

しかし中々発車せず。

 

すると続報が。

「ただいま、線路内に自動車が侵入したとの情報が入りました。自動車撤去の作業を行っておりますので~」

 

 

え?

自動車?

 

 

なんで???

 

 

結局、一回新札幌で降りて、地下鉄の乗り継ぎで劇場まで何とかたどり着きました。

 

私はどうやら列車に嫌われているらしい。

 

そして例の自動車は何だったのか全てが謎に包まれたままです。

えー、とりあえず、JR北海道の皆様、信号機に引き続きお疲れ様でした。

 

 

 

ということで、以上関東での一泊二日遠征の報告でした。

色々なことがありましたが、これ以上にない充実具合でしたので良かったです。

次に列車に乗るときはしっかりお祈りしておきます。「何も起きるんじゃない」と。

 

-----------------------------------------

今日の英単語

Traffic light

名詞:「信号機」

 

折れたやつ。

-----------------------------------------