北のシュガポン

北海道大学の工学部生。電気・情報・ロボット・エネルギー専攻。 札幌で一人暮らし満喫中。 お菓子作り、プログラミング、機械学習と色々なことに手を出している暇人。

北大生がつぶやく大学生活や勉強や趣味のブログ。毎日21:00更新予定。

目の健康のためにブルーライトカットメガネを買ってきた

こんばんは。シュガポンです。

先日、ブルーライトカットメガネなるものを買ってきました。

お値段約2,000円。相場がわからない。

 

 

とその前に、皆さんは「ブルーライト」という言葉を聞いたことはありますか?

ブルーライト・・・つまり青色光。そんまんま。

 

「紫外線」はどなたでも聞いたことはあると思いますが、ブルーライトはそれの仲間みたいなものです。

地上に降り注ぐ光の中でも強いエネルギーを持っているのが紫外線であり、その次に強いのがブルーライト(紫~青系の光)と言われています(6/27追記:紫外線を可視光と誤記してました。申し訳ありません)。ちなみに、一番目に優しいのは赤色の光です。夕焼けは優しいんですね。閑話休題。

ブルーライトはあらゆるデバイスから放出されており、私たちは一日に10時間もの間ブルーライトにさらされているというデータも存在します。

 

紫外線に次いで強い光ですから、私たちの目へのダメージも深刻です。知らず知らずのうちに目にダメージが蓄積されていると考えるとなかなか怖いですね。

また、強い光にさらされることによる不眠症状なども心配されます。

参考:ブルーライトとは | ブルーライト研究会

 

 

特に、スマホ・パソコンなどを直視するときはブルーライトをもろに食らうことになります。

僕ももう二十歳近くなので、さすがに目にも気を使いたいところ。

なので僕は最近ブルーライトカットメガネをつけ始めました。↓

 

実物がこちら。↓

ブルーライトメガネ

色つきで、グラサンっぽいかんじです。

結構でかいですね。

 

こちらのメガネ、度は入っていません。完全にブルーライトカット用。

このメガネ、ブルーライトを65%カットしてくれるという優れもの。それだけ目を守ってくれていると考えると安心してパソコンを使えます。

実際に使ってみると、非常に目が疲れにくい。光を和らげてくれるというか、パソコンをずっと見ていても目が痛くならないんですよね。これは本当にありがたい。

 

大学に入ってから、レポート作成や調べ物でパソコンをいじる時間が増えました。ブログ記事を書いているときはずっとパソコン見っぱなしですし、バラエティ番組を見るのも僕の場合パソコンなので、マジで一日中パソコンと向き合っています。最近。

その間中、パソコンからの光にイライラするのは嫌ですよね。ずっと強い光にさらされていると人間本気でイラついてきます。生産性も低下しますし。

そういった意味で、ブルーライトカットメガネは必需品と言っても過言ではないかもしれません。僕にとってはもう必需品です。

 

このメガネに関して言えば、耐久性が高いのもポイント。材質がかなり頑丈なので、よほど過酷な環境に置かない限り結構長持ちすると思います。まだ使い始めて1か月ですが。

レンズのお手入れとかもあんまり気にする必要がないので、かなり楽に使えます。レンズが普通のメガネと違って厚めかつ固めなので、傷つける心配が薄いです。硬い金属でこすったりしなければいつまでも使えそうな感じ。

横から見た図

こんな感じ。ぶ厚っ。

 

サイズのバリエーションがほとんどないのだけが残念ですね。僕の場合は運よくピッタリフィットしましたが、もし買うとしたらお店とかでサイズを確認して買った方がいいかもしれません。

あと若干重い。耐久性の代償か。まあそんなに気にはなりませんけど。

 

他にも、いろんな色・サイズのブルーライトカットメガネがあります。

 

こちらはちょっとおしゃれな感じ。

外で使うとしたら僕が持っているやつよりこっちの方がいいかもしれませんね。

 

 

こんなのもあります。最大80%カットですって。

心配性な方にはこっちがおすすめかも。

 

上で紹介したほかに、度が入っているものや老眼向けのものもあるので、ものによっては普通のメガネの代わりにもできますね。こっちに関してはメガネ専門店で探した方がいいでしょう。

 

というわけで、デスクワークが日課の方、ネトゲプレイヤーの方、そうでなくてもパソコンやスマホをお持ちの方、ブルーライトカットメガネはおすすめです。

ネットのほか、家電量販店で売っていることもあるので気になる方は探してみてはいかがでしょうか!