北のシュガポン

北海道大学の工学部生。電気・情報・ロボット・エネルギー専攻。 札幌で一人暮らし満喫中。 お菓子作り、プログラミング、機械学習と色々なことに手を出している暇人。

北大生がつぶやく大学生活や勉強や趣味のブログ。毎日21:00更新予定。

電気代がかさんでいる人のための節電方法3つ

f:id:karakusa456:20170412200706j:plain
毎月決まってかかるお金って家計にとって中々痛いですよね。
特に、電気は季節に関わらず使用するので少しでも節約したいところ。
そこで、今回はすぐに実行できる節電術を3つお伝えしたいと思います!


これでお得!節電術3つ

その1 使わないプラグは抜く癖をつける
皆さんは、「待機電力」というものをご存じですか?これは、実際に電化製品を使っていなくても電源に接続しているだけで消費される電力のことで、これが意外にかかっちゃうんですね。
これを減らすためには、使っていない電化製品のプラグは抜くこと。これだけでもかなり違います。

しょっちゅう使う製品って、ついついプラグ繋げっぱなしにしてしまいがちです。DVDプレーヤーとか、充電器とか、炊飯器とか。
でも、面倒くさがらずに使い終わったらプラグを抜く。流石にテレビとかはいちいち抜いてられないと思うので、自分でできる範囲だけで良いと思います。

また、電流を選んで遮断できる延長コードがあると捗ります。使うときだけスイッチを入れればいいので。
f:id:karakusa456:20170412200718j:plain
↑実際にうちで使ってるやつです。参考までに。

あ、録画するときとか予約炊飯するときとかは当然ながら抜いちゃ駄目ですよ。




その2 電灯のレベルを少し下げる
建物の種類によっては、リモコンで電灯のレベルを調節できるタイプのがあります。これを利用しましょう。
最低にまでする必要はありませんが、支障のないレベルで電灯のレベルを下げると、地味ですが節電になります。
これは本当に手軽にできるし、余程明るさに敏感な人でなければ特に違和感も感じないと思うので、おすすめです。




その3 つけっぱなしはNG
一人暮らしの人に意識してほしいのがこれ。不必要な箇所の電灯をつけっぱなしにしていませんか?
特に、入浴時。入浴するときに風呂以外の電灯をつけている人って割といると思いますが、必要性を感じないのなら思いきって消した方が節約になりますよ。

その他の場合でも、キッチン付きの部屋に住んでいる方はキッチンの電灯をつけっぱなしだとか、トイレの電灯を消し忘れるとかあると思います。
いずれも積み重なるとかなりの消費になると思いますので、必要ないなら消す。これを意識しましょう。




…いかがでしたか?
どれもすぐに実行できるものばかりだと思うので、電気代に困っている方は是非やってみてください!